その仕事で一番大変なところ

「大変そうだし、この仕事に転職してやっていけるか自信がない」という方へ

  • この仕事で力を発揮できるか不安
  • 大変さに耐えられず、すぐ辞めたくなるかもしれない
  • 今の仕事を辞めたすぎて正しい判断ができないかもしれない
  • そもそも、自分の強みやなりたい姿が不明確

 

今のあなたはこのような状態だと思います。

 

この仕事に転職すべきか?

 

それを判断するには、あなたの「強み」「なりたい姿」などをはっきり認識することが必要です。

 

恐らくあなたは自分の「強み」や「なりたい姿」がちゃんとわかっていないのではないでしょうか?自己分析しても完全には理解できず、現実に生かせていないことと思います。

 

何事も迷ったら専門家に聞くのが一番です。習い事だって壁にぶつかったら先生にアドバイスをもらった方がいいですよね。

 

自分を客観的に見るのは困難です。もし自己判断にこだわれば、自分の悪い癖や強みに気づけなかったり、自分に合ったやり方がわからなかったりします。その結果、数年を無駄にするかもしれません。

 

習い事なら遠回りも醍醐味と言えるかもしれませんが、これが転職ならどうでしょうか?

 

転職回数と年齢を重ねてしまえば、選択肢はドンドン狭くなってしまうでしょう。合わない仕事に転職してうつ病になり、治療に数年かかることだってあり得ます。

 

そうならないためにも、キャリアトレーナーに相談するのがおすすめです。(ここで言うキャリアトレーナーは転職エージェントではありません。相談専門です)

 

>>キャリア・転職相談ならポジウィルキャリア

 

キャリアトレーナーは適職診断やキャリア形成の専門家です。相談すれば、自分の強みやなりたい姿を明確化してもらえます。

 

強みがわかれば新しい職場でやっていけるかわかるし、なりたい姿から逆算すれば転職すべきかがわかります。迷いが晴れ、自信と目的意識を持って道を選んでいけるようになるでしょう。

 

自分では気づけなかった選択肢を提示してもらえることだってあるかもしれません。

 

実際、キャリアトレーナーに相談することで進むべき道がはっきり見え、人生に強い情熱を持てるようになった人は大勢います。

 

キャリアトレーナーに相談して人生の霧が晴れた人たちの体験談

 

ポジウィルを始める時とは、本当に本当に人生が大きく変わったと思う。

 

コンサルタントとしてバリバリ仕事をするというだけで、婚期逃しそうだが、生き生きとやりがいを持って働くというのが、自分の人生だと思うから全く不安はない

 

それが私。人と違ったっていい。

 

「納得感を持って、仕事に打ち込むことができ、誰かのために貢献し続けうる姿勢を大切にする」という視座を持つことができた。そんなポジウィル体験を通して、本当に目の前に霧がかかっていた人生に光が差した。

 

そして、自分の感情に波があることを理解し、正しく対処していく術を身につけられたこと。今後の人生に何があっても、乗り越えていけそうな気がしている。

 

バッキバキに成長していくぞ!という熱い気持ちを大切に、自分らしく、自分の人生の歩を進めていきたい。

引用元:https://note.com/smsmsmsm/n/n178e63fdd538

 

 

ポジウィルキャリアを利用していなければ、今もまだ変わらずモヤモヤと悩みながら下を向いて働いて生きていたと思います。ですが、今の私は、昔のようにモヤモヤと悩むことはなくなりました。

 

それは、ポジウィルキャリアを通して自分を受容できるようになり、自分の心の底の望みをフラットな視点で見つけられるようになったこと、また、失敗を過度に恐れなくなったことが要因だと思います。

 

そして、自分の思考癖や性質を理解できたので、環境を変えなくてもそうした状態に自分をもっていけるよう動けば良いのだと理解しているためです。

引用元:https://note.com/mackey_kotoba/n/n5c5b8cfea8c5

 

お話するうちに、自分のことも分かるようになってきた。

 

苦手なことを話しているときだった。

 

「どうしてもテルアポや飛び込みが苦手なので、同じ気持ちの仲間を集めてテルアポ大会を開くようにしてます。」と言うと、「それ、すごいリーダーシップと共感性ですよ!」と言ってもらえた。

 

私ダメなんですという文脈だったので、まさかの反応だったけれどめっちゃ嬉しかった。

 

確かに、周りを巻き込んで行動するところはあるなあ。今まで、弱みや苦手の印象が強すぎて、強みのエピソードが消えてしまっていた。

 

こういうことが何回かあり、自分の強みがどんどん思い付くようになってきた。

 

まるでせき止められていたダムが決壊したように、自分の強みや大切にしてきた価値観が溢れてきた。

 

心が明らかになっていく過程が楽しくて面白くて、心の中は常に踊っていた。

 

それからの私はアクセル全開になって、猛スピードで自分が進みたい方向に進んでいった。未来を描くことも、始めの頃は全くできなくて「辛い......!」と泣きそうだったのに、後半になるとワクワクしながらこなすことができた。

引用元:https://note.com/tabichan_/n/n4dd48e0a06dd

 

なぜキャリアトレーナーに相談すれば上手くいくのか?

 

一言で言えば、高いスキルを持った専門家が相談者の利益のみを追求してコーチングしているからです。

 

「強み」や「なりたい姿」を明確にしてくれるのはもちろん、転職すべきかどうかやキャリア形成について中立な立場で助言してくれます。

 

これは既存サービスにはない特徴と言っていいでしょう。

 

少なくとも、転職エージェントは相談者の利益をそこまで考えてはくれません。

 

基本的に転職エージェントは相談者を転職させるのが仕事です。転職した相談者がもらう年収の3〜4割が報酬として企業から支払われる仕組みになっています。

 

そのため、相談者のやりたいことよりも年収の高い仕事に転職させることを優先しがちです。「今の仕事で頑張った方がいい」とか「年収はあまり上がらないけど、こちらの方が向いてます」とか「長期的なキャリアのためにはこの仕事を経験した方がいい」みたいなことは言ってくれません。

 

「収入は上がったけど働いていて全然楽しくない」といったケースはゴロゴロあります。

 

では、職場の上司や先輩に相談するのはどうでしょうか?

 

仕事上の悩みだけならともかく、転職については相談しづらいですよね。頑張って相談したとしても、適切な回答が帰ってくる可能性は低いでしょう。あなたの適性を無視した一般論や少ない経験から導き出された主観的なアドバイスでは参考になりません。

 

考えてみれば、相談者の利益だけを考えて専門家がアドバイスしてくれるサービスは今までにほとんどなかったわけです。キャリアの方向性に迷っている人にはいい時代になったと言えるでしょう。

 

>>ポジウィルキャリア公式サイトをのぞいてみる

 

早めに相談すべき二つの理由

 

一人で悩んでいても進むべき道はなかなか見えてきません。悩んでいると数年ぐらいすぐすぎてしまうし、そうなると選べるキャリアの幅はドンドン狭くなってしまいます。

 

転職すべきか迷っているのなら早めに相談してみるといいでしょう。

 

それに、転職相談は余裕のあるうちにやるのが原則です。

 

「辞めたい」という気持ちが強すぎると、判断力が鈍ります。会社選びを間違い、転職後にギャップで苦しむ羽目になるかもしれません。

 

ポジウィルの予約だってすぐとれるとは限りません。

 

ポジウィルは人気サービスです。

 

2017年8月創業以来、相談件数が30倍以上になっています。しかし、相談が増えたからと言って、質にこだわるならトレーナーの数はそう簡単に増やせません。

 

なので、一時期は予約が取りづらい状況でした。

 

今はだいぶましになりました。ですが、コロナ過で先行き不透明になって、キャリアコーチングの需要が上がっています。

 

今の職場で働くのが限界になったとしても、タイミングによってはなかなか予約が取れないかもしれません。

 

そういう意味でも早めに相談することをおすすめします。

 

>>ポジウィルキャリア公式サイトをのぞいてみる